「GoToトラベル」再開はいつから? 再開情報・ニュースまとめ

全国的に中止になった「GoToトラベル」

「GoToトラベル」ホームページより
「GoToトラベル」ホームページより

新型コロナウイルスにより、大きな影響を受けた国内の旅行や観光。それを支援するため、2020年7月10日(金)から国が「GoToトラベル」事業を始めました。

国内旅行代金の2分の1相当額を国が支援するため、お得に旅行できる「GoToトラベル」。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年12月28日(月)から全国的に中止になっています。

感染拡大防止が大切なのは言うまでもありませんが、十分に注意し、旅行にまた出かけたい気持ちもあると思います。お得に旅行できる「GoToトラベル」、いつ再開されるのでしょうか?

「GoToトラベル」再開時期に関する最新情報

緊急事態宣言解除でも「GoToトラベル」全国停止を継続?

共同通信が2021年2月28日(日)、政府は3月7日(日)に緊急事態宣言を解除しても、「GoToトラベル」の停止を継続する方針、と伝えました。

  • 緊急事態宣言を3月7日(日)で全面的に解除しても、「GoToトラベル」は全国停止を継続。
  • 新型コロナの感染状況を見極め、予防を徹底せねばならない。
  • 再開時期は慎重に決める方針。

「GoToトラベル」再開時期の見通しは?

国土交通省は、2021年1月に出された緊急事態宣言が3月7日(日)まで延長されたことを受け、3月7日(日)宿泊分まで「GoToトラベル」事業を全国一律で停止すると発表しました。

ただ、3月8日(月)宿泊分から「GoToトラベル」を再開する、緊急事態宣言が解除されたら再開する、とは言っていません。継続される可能性もあるでしょう。

2月24日(水)の報道(FNNプライムオンライン)では、緊急事態宣言が解除になったら、段階的に「GoToトラベル」を再開すると伝えられています。

特段の事情がない限り緊急事態宣言は再延長されず、3月7日(日)までに全国で解除になる見通しです。そのため「GoToトラベル」の再開も近づいていると思われますが、ただちに3月8日(月)から再開されるとは限らないほか、再開されても限定的だったり、内容が変更されたりする可能性がありそうです。

2月28日(日)の報道(共同通信)では、3月7日(日)に緊急事態宣言が全面解除になっても、「GoToトラベル」は全国的に停止を継続する方針と伝えられています。

「GoToトラベル」再開の条件は?

「GoToトラベル」の再開時期について、まだ正式な発表は行われていませんが、報道をまとめると、次のような条件になるようです。

  • 新型コロナウイルスの感染状況が「ステージ2(感染漸増)」である。

新型コロナウイルスの感染状況は次の4段階に分けられており、もっとも深刻な「ステージ4」だと、緊急事態宣言の発令といった対応を検討せざるを得ない、とされています。

  • ステージ1「感染者の散発的発生」
  • ステージ2「感染者の漸増」
  • ステージ3「感染者の急増」
  • ステージ4「爆発的な感染拡大」(緊急事態宣言発令の可能性)

「GoToトラベル」どう再開される?

「GoToトラベル」の再開形式について、具体的な発表は行われていませんが、報道をまとめると、次の形になる可能性があるようです。

  • 段階的に再開する。
  • 感染拡大が抑えられている県、地域に限定して再開する。
  • まず「少人数、同一都道府県内での利用」から再開する。
  • 需要を平日に分散させるため、平日と休日で割引率を変更する。
  • 利用の集中を避けるため、割引率を低くする。
  • 割引率について再開の当初は維持するが、段階的に下げていく。
  • より強力な安全対策を実施する。

お得に旅行できる「GoToトラベル」。その再開時期、再開形式に関するニュースを次にまとめました。新型コロナウイルスの感染拡大がおさまり、早く昔のようにまた旅行を楽しめるといいですね。

「GoToトラベル」再開時期に関するニュースまとめ

緊急事態宣言解除で「GoToトラベル」すぐ再開はない?

読売新聞が2021年2月26日(金)、緊急事態宣言が解除されてもすぐに「GoToトラベル」を再開することにはならないと赤羽国土交通相が述べた、と伝えました。

  • 緊急事態宣言が解除されても、「GoToトラベル」をすぐに再開することにはならない。
  • 状況を見極めながら慎重に対応。
  • 「GoToトラベル」再開は、県内やブロック内など地域限定の方向で検討。

またこの記事では、「GoToトラベル」の割引率について再開時は維持し、段階的に下げていく方針、とも伝えています。

緊急事態宣言全面解除で「GoToトラベル」段階的に再開?

FNNプライムオンラインが2021年2月24日(水)、政府は緊急事態宣言を3月7日(日)までに全国で解除し、「GoToトラベル」を段階的に再開する見通しだと伝えました。

  • 緊急事態宣言は3月7日で全面解除。特段の事情がない限り再延長しない。
  • 緊急事態宣言が全面的に解除されたら「GoToトラベル」を段階的に再開。
  • 当面は「少人数での県内旅行」を対象にする案を検討。

「GoToトラベル」割引額が低くなる? 県内発着限定?

時事通信が2021年2月22日(月)、「GoToトラベル」を再開する場合、1人1泊2万円が上限だった補助金額を減額する案を、政府が検討していると伝えました。

  • 利用者が殺到したり、利用が高級宿泊施設へかたよったりすることを考慮。
  • 上限を1万円に見直し、さらに段階的に引き下げる案も。
  • 上限を5000円に大きく減らす分、2021年秋までの「GoToトラベル」実施期間を年末までに延長する案も。

またこの記事では、「GoToトラベル」再開はまず県内発着に限定する案も浮上、とも伝えています。

平日と休日で「GoToトラベル」割引率が変わる?

SankeiBizが2021年2月17日(水)、「GoToトラベル」を含む旅行について、需要が休日に集中しないよう蒲生篤実観光庁長官が考えていると伝えました。

  • 需要を平日に分散化させる仕組みを検討中。
  • 「GoToトラベル」の割引率や上限額の変更などを検討。

島根県と鳥取県が独自の「GoToトラベル」実施

山陰中央新報が2021年2月15日(月)、「GoToトラベル」が全国一斉で停止するなか、事業者を支援するため島根県と鳥取県が連携し、宿泊代の半額(最大5000円)を補助する「WeLove山陰キャンペーン」を展開すると伝えました。

  • 国の「GoToトラベル」が再開したら終了。
  • このキャンペーンを感染拡大なく行うことで、「GoToトラベル」の部分的な早期再開につなげる目的も。

「GoToトラベル」地域内に限定して再開?

朝日新聞が2021年2月15日(月)、新型コロナウイルスの感染が落ち着いている地域に限って「GoToトラベル」を再開することについて、赤羽一嘉国土交通相が「ひとつのアイディア」と考えていると伝えました。

  • 感染が落ち着いている地域の宿泊施設を、その地域の住人が利用する場合に限って「GoToトラベル」を再開するのは、ひとつのアイディア。
  • しっかり検討を進めていきたい。

「GoToトラベル」再開の判断は都道府県がする?

朝日新聞が2021年2月15日(月)、「GoToトラベル」の再開や予算を都道府県が判断することについて、赤羽一嘉国土交通相が否定的であると伝えました。

  • 「GoToトラベル」は国の事業として運営している。
  • よって「GoToトラベル」実施の判断、予算を都道府県に委ねるのは若干なじまない。

「GoToトラベル」再開は批判恐れ慎重に?

西日本新聞が2021年2月10日(水)、「GoToトラベル」の再開時期について、政府は慎重に判断する方針と伝えました。

  • 世論の一部に感染拡大への警戒感もあるため、「GoToトラベル」の再開時期、地域について政府は慎重に判断する方針。
  • 「GoToトラベル」停止が遅れ批判を浴び、内閣支持率が低迷した。
  • よって緊急事態宣言発令地域がひとつでもあれば、部分再開でも難しいかも。

「GoToトラベル」再開は地域限定で?

朝日新聞が2021年2月8日(月)、「GoToトラベル」の再開時期について、赤羽一嘉国土交通相の発言として次のように伝えました。

  • 来たるべき時にスムーズに再開できるようにしたい。
  • 地域を限定して再開するのも一案。
  • もう少し強力な安全対策を講じないといけない。

「GoToトラベル」再開は素早く柔軟に?

MBSが2021年2月7日(日)、「GoToトラベル」の再開時期について、赤羽一嘉国土交通相の発言として次のように伝えました。

  • スピード感をもって柔軟に対応していく。

「GoToトラベル」再開は県・地域単位で?

鹿児島テレビが2021年2月6日(土)、「GoToトラベル」の再開について、鹿児島県の塩田知事の発言として次のように伝えました。

  • 県内、あるいはブロック内での再開といった柔軟な対応をお願いしたい。

「GoToトラベル」再開は新しい形で?

京都新聞が2021年2月6日(土)、「GoToトラベル」の再開について、赤羽一嘉国土交通相の発言として次のように伝えました。

  • 「GoToトラベル」再開時期について、ハッキリとは言えない。
  • 感染拡大防止をしっかりするという新しい形で再開。

「GoToトラベル」尾身会長が語る再開の条件は?

テレビ朝日が2021年2月6日(土)、「GoToトラベル」の再開時期について、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長の発言として次のように伝えました。

  • 私や分科会は、当初から「ステージ2」になってから再開がいいと言っている。

「GoToトラベル」再開はステージ2で?

朝日新聞が2021年1月26日(火)、「GoToトラベル」の再開時期について、西村康稔経済再生相と赤羽一嘉国土交通相の発言として次のように伝えました。

  • 新型コロナウイルスの感染状況が「ステージ2(感染漸増)」なのが条件。
  • 今月末から来月頭にかけて再開の判断が行われるのではないか。

「GoToトラベル」の割引きと還元額は?

「GoToトラベルキャンペーン」の「地域共通クーポン」取扱店の表示
「GoToトラベルキャンペーン」の「地域共通クーポン」取扱店の表示

最後に、実施されていた「GoToトラベル」について、かんたんにまとめておきます。

「GoToトラベル」では、対象のツアーや宿泊プランなどについて、旅行代金の35%が割引きになり、15%が「地域共通クーポン」で還元されます(1人1泊あたり最大2万円、日帰りの場合は最大1万円)。

たとえば、1泊2日で1人4万円の「GoToトラベル」対象ツアーに申し込んだ場合、35%の1万4000円が割引きされ、支払額は2万6000円です。ただ、旅行代金の15%分である6000円分の「地域共通クーポン」がもらえるため、実質的に「GoToトラベル」で50%の割引きになり、2万円で4万円分の旅行ができる、ということになります。

「地域共通クーポン」が使えるのは対象の店舗・施設のみですが、駅や観光施設など、色々な場所で利用可能です。