~旅行やレジャーの【お得情報】まとめ~

SLから新幹線2000km「どこでもドアきっぷ」の旅に出てみた

「どこでもドアきっぷ」実際に乗ってきました!

こんにちは! でごママです。

2020年10月初旬、新幹線と特急が乗り放題になる超お得な「どこでもドアきっぷ」を使って、「西日本・四国・九州3日間乗り放題の旅」に一家で行ってきました! 「どこでもドアきっぷ」について詳しくは、次のページをご覧ください。

詳しくはこちら!

「どこでもドアきっぷ」どこがお得?JR西日本とJR九州から、映画「ドラえもん」公開記念の特別企画として2020年9月、超お得に乗り放題できる「どこでもドアきっぷ」が発売されました。以下のとおり、たくさん「お得ポイント」があるきっぷに[…]

「どこでもドアきっぷ」(JR西日本ホームページより)

私たちが利用した「どこでもドアきっぷ」は、3日間乗り放題の土休日用。大人1人18000円で、東は大阪から西は熊本まで、新幹線にも観光列車にもSLにも乗って、楽しんできました!

【1日目】第一走者「パンダくろしお」

特急「くろしお」3号:新大阪(09:03)~天王寺(09:21)

「どこでもドアきっぷ」の旅、最初の列車は新大阪駅始発、白浜駅行きの特急「くろしお」3号。沿線にある「アドベンチャーワールド」にちなんでラッピングされた「パンダくろしお」と呼ばれる車両での運転で、とにかく可愛い!! 先頭車両、後尾車両にはパンダのお顔。車両のサイドには「アドベンチャーワールド」の動物たちが描かれており、3歳の息子も大喜びでした!

特急「くろしお」の「パンダくろしお」
特急「くろしお」の「パンダくろしお」
でごママ
座席の枕カバーもパンダで、とにかくパンダ好きの方にはたまらない特急電車です!

この特急「パンダくろしお」に、私たちは新大阪駅から天王寺駅まで、自由席に1区間だけ乗車。普段なら近すぎて特急料金を払うのはもったいないですが、特急の自由席は乗り放題の「どこでもドアきっぷ」なので、短距離でも遠慮無く乗っちゃいます!

【1日目】新幹線「さくら」 衝撃の電光掲示板

新幹線「さくら」551号:新大阪(10:06)~岡山(10:51)

新幹線「さくら」
新幹線「さくら」

天王寺駅から大阪環状線とJR京都線で新大阪駅に戻り、新幹線「さくら」551号の自由席で岡山駅に向かったのですけども、ここでトラブル発生!

車内の電光掲示板に、次に岡山駅から乗る予讃線の特急「しおかぜ」9号について、「瀬戸大橋で飛来物の点検のため岡山~宇多津間は運休」と表示されたのです……。

【1日目】「アンパンマン列車」トイレもアンパンマン

特急「しおかぜ」9号:岡山(11:35)~松山(14:13)

岡山駅に着くと、この日に限り多度津駅行きとして、約2時間遅れで運転される特急「しおかぜ」5号に乗れば、宇多津駅で、この日に限り岡山駅ではなく高松駅始発で運転される特急「しおかぜ」9号に接続するとのこと。

なんとか予定どおり、特急「しおかぜ」9号に乗り継げそうなので胸をなで下ろし、岡山駅で駅弁を購入。多度津行き特急「しおかぜ」5号に乗り込みました。

駅弁「元祖珍辨 たこめし」
駅弁「元祖珍辨 たこめし」
でごママ
駅弁は「広島名物 あなごめし」と「元祖珍辨 たこめし」を買いました!

瀬戸大橋を渡って四国に上陸し、宇多津駅に到着すると、隣のホームに特急「しおかぜ」9号がカラフルな電車で入ってきました。この特急「しおかぜ」9号は、「アンパンマン」のキャラクターでラッピングされた「アンパンマン列車」なのです!

特急「しおかぜ」の「アンパンマン列車」
特急「しおかぜ」の「アンパンマン列車」

この「アンパンマン列車」には、座席、天井、カーテンにいたるまで「アンパンマン」一色になった「アンパンマンシート」が、普通車指定席車両の一部にあります。

もちろん私たちは「どこでもドアきっぷ」で、この「アンパンマンシート」の指定席を予約済み。座席のテーブルには運転台をイメージした絵が描かれており、息子は運転士気分で遊んでいました。

でごママ
お手洗いも「アンパンマン」です! 幼児用便座もあり、とても助かりました~。

【1日目】待っていたのも「アンパンマン列車」

特急「宇和海」17号:松山(14:28)~八幡浜(15:15)

特急「宇和海」の「アンパンマン列車」
特急「宇和海」の「アンパンマン列車」

松山駅で乗り継いだ特急「宇和海」17号も「アンパンマン列車」でしたが、外観のみの「アンパンマン仕様」。2両編成で、とても可愛らしい列車でした。

でごママ
八幡浜では「GoToトラベルキャンペーン」の地域共通クーポンを使い、駅近くの谷本蒲鉾店にて、名物のちくわ、かまぼこを買いました!

【1日目】絶対オススメ「伊予灘ものがたり(道後編)」

快速「伊予灘ものがたり(道後編)」:八幡浜(16:05)~松山(18:17)

伊予灘の穏やかな海を間近に眺められる観光列車です。20食限定、3100円(税込み)の美味しいアフタヌーンティーセットを、車内でいただきました(要事前予約)。

「伊予灘ものがたり(道後編)」のアフタヌーンティーセット
「伊予灘ものがたり(道後編)」のアフタヌーンティーセット
でごママ
紅茶の香りがとても良かったです! 列車の中であることを忘れそう……。絶対オススメです!!

私たちが使っている「どこでもドアきっぷ」は普通車用で、全車グリーン車である「伊予灘ものがたり」は予約できないため、別途、グリーン券(1000円)を購入して乗車しています。

伊予灘に沈む夕陽、沿線住民の方々による温かいおもてなしなど、素敵な時間を過ごすことができました。

【2日目】1駅だけでも「ハローキティ新幹線」

新幹線「こだま」840号:岡山(9:53)~相生(10:09)

1日目は松山駅付近で宿泊して、翌朝の特急「しおかぜ」で岡山駅へ向かいます。

岡山駅から乗るのは、新大阪~博多間で運行されている「ハローキティ新幹線」。中にも外にも、いろいろなところにキティちゃんたちがいて、こちらもとにかく可愛い!

「ハローキティ新幹線」の2号車「KAWAII! ROOM」
「ハローキティ新幹線」の2号車「KAWAII! ROOM」

1号車にはお買い物ができる売店や、西日本の見どころをチェックできる展示コーナー、休憩スペースがありました。誰でも利用できます。

でごママ
売店でお買い物をするときに「どこでもドアきっぷ」を提示して、「どこでもドアきっぷ」の特典である「ハローキティ新幹線 絵葉書2枚セット」をもらいました!

2号車は「KAWAII! ROOM」といって、車内がキティちゃん仕様になっています。座席や床、窓のカーテン、そしてフォトスポットもあり、乗っているだけでウキウキする空間になっていました。自由席なので、私たちは指定席を予約せず、この車両に乗りました。

でごママ
「ハローキティ新幹線」は、地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まった、リボンをモチーフにしたデザイン。ハローキティがそのリボンをつないでくれています。

【2日目】新幹線「さくら」車内でうどんを堪能

新幹線「さくら」551号:岡山(10:52)~小倉(12:23)

「ハローキティ新幹線」にはスケジュールの都合上、1駅だけの乗車。相生駅で降りて、すぐ、「レールスター」車両を使った新幹線「こだま」847号で岡山駅へ戻ります。そして昨日、岡山駅で降りた新幹線「さくら」551号に乗り継ぎます。

岡山駅「倉敷うどん ぶっかけふるいち」のうどん
岡山駅「倉敷うどん ぶっかけふるいち」のうどん

このとき岡山駅の新幹線ホームにある立食いうどん屋さんで、ぶっかけうどんを購入。使い捨ての容器に入れてもらい、新幹線「さくら」551号の車内で食べました。

新幹線上りホームにあるこのお店は、岡山では結構有名な「倉敷うどん ぶっかけふるいち」というお店の立食いうどん屋さんで、コシがある麺がとても美味しいのです~。

でごママ
岡山駅での「こだま」から「さくら」への乗り継ぎは10分しかなかったので、「ハローキティ新幹線」へ乗る前に、「10時45分に取りにきます!」といって、事前にお金を払って注文しておきました。ちょっとした裏技です😁

【2日目】カードをもらった「白いソニック」

特急「ソニック」21号:小倉(12:39)~別府(13:48)

どこか車両がスーツケースに似ている気がするJR九州の特急「ソニック」。「青いソニック」と「白いソニック」があるうちの、「白いソニック」に乗車します。

特急「ソニック」の「白いソニック」
特急「ソニック」の「白いソニック」

車内は大きな荷物を置くスペースもあり、快適でした。息子も車掌さんに電車のカードをもらって大喜び! カードを握ったまま、スヤスヤお昼寝してしまいました😊

【2日目】楽しくも後悔の観光列車「あそぼーい!」

特急「あそぼーい!」:別府(15:12)~熊本(18:29)

犬のキャラクター「くろちゃん」が描かれている観光列車。阿蘇の大景観を満喫できるようにと、先頭車両と後尾車両が展望席の「パノラマシート」になっています。運転席があるのは客席の上です。

3号車は「ファミリー車両」になっており、親子で座れる「白いくろちゃんシート」や遊び場(新型コロナで閉鎖中でした)、カフェなど楽しい仕掛けがいっぱい!

特急「あそぼーい!」
特急「あそぼーい!」

全車両が普通車指定席で、私たちは先頭車両の4号車に乗車。ゆったりできる共有スペースのラウンジがあり、広々としたソファや窓に面したベンチなど、とーっても快適でした!

でごママ
「パノラマシート」「白いくろちゃんシート」は、JR西日本ネット予約「e5489」や指定席券売機では予約できなかったので、普通の座席を予約し、車内を探検しました。
特急「あそぼーい!」で購入した「Train Passport」
特急「あそぼーい!」で購入した「Train Passport」

カフェでのおススメは「Train Passport」(1000円)です。購入後、客室乗務員の方に「スタンプください」と伝えると、客室乗務員の皆さんがお持ちの顔スタンプを押してくれます。JR九州の他の観光列車でも使えるので、旅の楽しみがまた増えます!

でごママ
カフェで販売されている軽食は、乗車後すぐの購入をオススメします。私たちは写真を撮るのに夢中になり、完売で購入できませんでした……。

熊本駅で新幹線「みずほ」612号に乗り換え、19時23分に博多駅へ到着。「どこでもドアきっぷ」の旅2日目はここで終了です。

【3日目】マスクは替えが必要!? SL「やまぐち」号

快速 SL「やまぐち」号:新山口(10:50)~津和野(12:59)

9時43分の新幹線「さくら」544号で博多駅を出発し、約30分で新山口駅に到着しました。

ここからは、SL列車の旅です。「山陰の小京都」と呼ばれる津和野までの62.9kmを、約2時間かけて走行するSL「やまぐち」号に乗車します。

でごママ
SL「やまぐち」号の指定席は、「どこでもドアきっぷ」で予約できましたが、座席表での指定はできませんでした。
SL「やまぐち」号
SL「やまぐち」号

SL「やまぐち」号の3号車は、地ビールなどを販売する売店、SLの仕組みや歴史を紹介するパネル展示もあるフリースペースが用意されており、SLファンから子供連れまで、学びながら楽しめる車両になっていました。

また幼児用トイレはないものの、5号車におむつ替えができる多目的トイレ、授乳などができる多目的室、ベビーカーや大きな荷物を収納できるスペースがあり、赤ちゃん連れも安心です。

このSL「やまぐち」号の旅、途中の駅で少々停車して記念撮影タイムがあるなど、家族全員で楽しめる観光列車でした!

でごママ
SLの煙で、していたマスクが黒くなりました。替えがあったほうがいいかも。

合計で2000kmを超えた「どこでもドアきっぷ」の旅

津和野駅に到着したあとは、転車台で回転するSLを見学。そして特急「スーパーおき」4号で米子駅、特急「やくも」26号で岡山駅、新幹線「みずほ」610号で新神戸駅と乗り継ぎ、「どこでもドアきっぷ」の旅を終えました。

移動距離は、ざっと計算しておよそ2200kmにもなりました! しかも新幹線や特急、観光列車にこれだけ乗って、土休日用3日間の「どこでもドアきっぷ」は大人1人18000円です!

「伊予灘ものがたり(道後編)」から眺めた伊予灘に沈む夕日
「伊予灘ものがたり(道後編)」から眺めた伊予灘に沈む夕日

鉄道大好きの我が家は今回、たくさんの新幹線、特急に乗ることができ大満足。乗り放題のきっぷは乗るほどお得ですが、ここまで乗らなくても「どこでもドアきっぷ」は十分お得ですし、観光列車のような「乗ること」自体が楽しい列車もいろいろあります。皆さんもぜひ「どこでもドアきっぷ乗り放題の旅」に出発してはいかがでしょうか?

SL「やまぐち」号
「いいね!」「フォロー」で【最新お得情報】をお届け!